不動産お役立ちコラム

住宅は売却前に「リフォーム」したほうがいい?

投稿日:

中古住宅のイメージ画像

こんにちは!中部エースの代表、川端 明人です。

皆さん、中古住宅の「リフォーム済み」「リノベーション済み」物件をポータルサイトで見かけたことはありませんか?

中古住宅ながら比較的高い価格で売り出されているため、「リフォームすれば高額で売却できるのか?」と思う方もいるでしょう。

今回は、中古住宅を売却前にリフォームしたほうがいいのかについてお話しします。

基本的に売却前のリフォームは不要!

まず、結論として売却前のリフォームは基本的に不要です。

賃貸物件であれば大家さんが預かっていた敷金などでリフォームや手直し工事をしてきれいな状態で貸し出すことになりますが、売却の場合は、どうでしょうか?

最近は、リフォームやリノベーションを前提に物件を探す人が増えているため、リフォームをしてしまうとかえって売れにくくなる可能性があります。

売主の好みでリフォームしても、気に入らなければリフォームをし直す必要も出てきてしまい、買主からするとリフォームしたことにより加算されているかもしれない売価が気になるし、これからリフォームするのも費用がもったいないし、ありがた迷惑とも言える状況になってしまう恐れがあります。

リフォームしても工事費用を上乗せできるとは限らない



また、リフォームしても工事費用を全額上乗せできるわけではありません。

例えば100万円かけて内装をリフォームしても、相場価格+100万円で売れるとは限らず、買主が見つからない場合はリフォーム費用分の利益が減ってしまうことも考えられます。

不動産業者が中古住宅を買い取って、リフォームして再販売している物件は、不動産業者が継続的に大量発注しているので、一般の人がリフォーム業者に発注するよりも、圧倒的に安価に設備機器の仕入れやリフォーム工事の施工が出来ます。また専門の不動産業者は、どのようにリフォームしたら売れるのかのノウハウがあり効率よくリフォームしているのです。

一般の人がよかれと思ってリフォームしても、そのぶん高く売れるとは限らないということです。
ただ、物件の築年数や状態によっては、リフォームをしたほうが良いケースもあるので見極めが難しいところです。

中部エースでは、お客さまの物件をどのような形で売り出すのがベストなのかを、物件の状態や周辺ニーズなどをもとに、しっかりとアドバイスいたします。

ご相談は、電話はもちろん、LINEでも承っております^^

 

-不動産お役立ちコラム

Copyright© 大丈夫日記|中部エース社長のブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.